フラワーレメディ
◆メガネレンズがとにかく安い! 

フラワーレメディ ボトル

トリートメントボトルの作り方

私達の心と体のバランスを取り戻してくれる「フラワーレメディ」。
薬を使わない自然療法として、日本でも密かにブームになっています。

フラワーレメディを使う時、良く使われるのが「トリートメントボトル」です。
トリートメントボトルとは、何種類かのレメディを混同して保存しておく容器のことで、レメディを携帯するのにとても便利なものです。

自分に合ったレメディを選び、自分だけのトリートメントボトルを作ってみましょう。

30mlのスポイト付きトリートメントボトルを用意します。
ボトルの中に、ミネラルウォーターを入れます。
水道水には不純物が多く含まれているため適しません。
蒸留水も避けた方が良いでしょう。
市販のミネラルウォーターなら何でも良いですが、一番のお勧めはボルビックですよ。

好みのレメディを6、7種類程度、それぞれ2滴(レスキューレメディの場合は4滴)を入れます。保存のために、ブランデーかビネガーを小さじ1杯程度入れておくと良いでしょう。作ったレメディは、3週間程度で飲みきるようにしましょうね。
1日4回、4滴ずつ服用すると、ちょうど良く使いきることができますよ。

保管場所にも気をつけましょう。
高温多湿の場所は避け、くれぐれもバックに入れたままにしておかないようにしましょう。

トリートメントボトルを新しく作り直す場合は、ボトルを綺麗に洗浄して煮沸消毒をする必要があります。
水洗いだけでは、今まで入っていたレメディのエネルギーがボトルに残っている場合があります。衛生的に使用するためにも、面倒でもしっかりと消毒しましょうね。
スポイトの消毒も大切ですよ。シリコンゴムの部分は取り外し、瓶と一緒に煮沸消毒しておきましょう。

フラワーレメディ ボトル

ストックボトルとトリートメントボトルの違い

フラワーレメディを使用する時、ストックボトルとトリートメントボトルのどちらかで使用することになります。

それぞれに特徴がありますので、自分に合ったボトルを選んでレメディを使用しましょう。
ストックボトルとは、市販されている時にレメディが入っている小さな容器です。
ストックボトルのレメディは38種類、レスキューレメディも合わせると39種類ありますが、一時的にマイナス感情になっている時、緊張状態になった時、気分転換したい時に、その時の感情に効果的な種類を1、2種類選んで服用します。
気分が落ち着くまで数回にわたって服用し、改善されたら服用をやめましょう。

一度に使用できるレメディは6〜7種類までです。それ以上の種類を同時に服用しても、本来の効果は期待できないので注意しましょう。

ストックボトルの保存をする時は、直射日光が当たらない涼しい場所で保存しましょう。梅雨の時期や真夏など、高温多湿で心配な時期は冷蔵庫で保管すると安心ですよ。

トリートメントボトルはいくつかのレメディをブレンドして保存しておく容器です。
常にマイナス思考になってしまう場合や、長期間続いているストレスを改善したい時に使用します。
ストックボトルから直接服用しても良いのですが、頻繁に服用する場合はあらかじめトリートメントボトルでブレンドしておいた方が、手軽に服用することができますよね。

ミネラルウォーターで薄めたものをトリートメントボトルに入れてバックに入れておけば、外出先で飲み物がない時でも活用することができて便利ですね。
保存方法は、ストックボトルと同じです。暑い時期にはバックに入れっぱなし、なんてことがないように注意しましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。