フラワーレメディ
◆メガネレンズがとにかく安い! 

フラワーレメディ プラクティショナー

プラクティショナーになるには(3)

薬を使わずに、自然の力だけで心と体の健康を取り戻す自然療法である「フラワーレメディ」。
いくつかのレメディの中から、好きなレメディを選択して、手軽に服用することができますが、レメディにはいくつもの種類があり、的確なレメディを選択するのはなかなか難しいものです。

「プラクティショナー」は、レメディのことを熟知し、その人、その状況に合ったレメディを選択する時のサポートをする人ですが、日本でもこの資格を取得する人の数は増えてきていますよ。

資格を取得するには、国際教育プログラムのレベル1〜3までを修了する必要があります。
レベル3は、レベル1と2を修了した人のみ受講することができ、アドバイザーとしての能力を高めるためのコースです。

レベル2を修了した後、4ヶ月以上経過した後に受講することができますが、修了するまでには約1年半〜2年程度かかります。
内容は、レベル1と2よりも実践的な内容となっていて、積極的な参加意識と知識が必要になりますよ。
パート1〜3までに分かれており、パート1は、東京で4日間セミナーを受けることになります。
講義や実習、ディスカッションをする内容で、4日目には筆記試験があり、合格点に満たない場合は追加試験を受けることになっています。

パート2は、自宅で課題を行うことになります。
3ヶ月間で提出しますが、課題された内容が不充分だと判断された場合、追加課題の提出が求められます。

パート3では、実際に他の人に対してカウンセリングを行い、そのケーススタディをまとめたものと、決められたテーマについてまとめたものの小論文を提出します。
ケーススタディは2007年から4例必要とされ、カウンセリング対象者は自分で探すことになります。

レベル3まで修了するには豊富な知識と実践力が必要になり、また、時間とお金も要するのでなかなか大変なことですが、卒業後はバッチ財団公認プラクティショナーとして国際登録することができ、直接クライアントから連絡を受けて実務規約に則ってカウンセリングすることができます。

自分の健康だけでなく、人の健康のためにも活動できるプラクティショナーは、とても魅力的なお仕事ですよね。
時間と手間をかけても、受講する価値はあると思いますよ。
是非チャレンジしてみてくださいね。

フラワーレメディ プラクティショナー

プラクティショナーになるには(2)

最近日本でも話題になっている「バッチフラワーレメディ」。
レメディにはいくつもの種類があり、自分に合ったレメディを的確に選ぶのはなかなか難しいものです。
その時の感情に合わせたレメディを的確に選び、快適な生活を送るために、レメディのスペシャリストである「プラクティショナー」を目指す人も増えています。

プラクティショナーになるには、国際教育プログラムのレベル1〜3までを修了し、資格を取得する必要があります。

レベル1は、終日2日間の通学が必要とされていますが、6〜12週間かけて少しずつ勉強していく講座「プラクティショナー・ティーチャー・トレーニング」というものもありますよ。
教材やプログラムは、通学2日間のタイプと同じものになっています。
コース修了に急いでいない場合や、終日通学するのが不可能な人にとっては、少しずつ自分のペースでできるこのコースは嬉しいですよね。

修了するまでに最短でも半年程かかりますが、レベル1のみ通信講座でも学ぶことができますよ。
コースは5回で修了するようになっていて、各受講生に担当のプラクティショナーが付き、添削してくれます。
毎月20日までに研究会へ課題を提出し、翌月末に添削されたものが返送されるという仕組みです。
添削可能な期間は最長で1年間です。やむをえない事情がある場合は、追加手数料5000円支払えば半年間の期限延長ができます。
理由もなく期限を過ぎてしまうと再受講しなければいけない場合もありますので、気をつけてくださいね。

フラワーレメディ プラクティショナー

プラクティショナーになるには(1)

フラワーレメディのスペシャリストである「プラクティショナー」。
プラクティショナーは、その時、その状況に最も合ったレメディを選ぶ為にサポートをしてくれる人です。
普段からレメディを使っている人は、自分の健康のためだけでなく、家族のため、人のために役立てたいとプラクティショナーを目指しているという人も多いのではないでしょうか。

プラクティショナーになるためには、国際登録されている資格を取得する必要があります。資格を取得するには、国際教育プログラムのレベル1からレベル3までを修了しなければなりません。

レベル1を修了するためには、通常2日間の通学をする必要がありますが、レベル1のみ通信教育で受講することもできますよ。
忙しくてなかなか都合が合わせられない、という人には、自分のペースでできる通信教育が嬉しいですよね。

レベル1は、フラワーレメディについての全体像を把握することが目的とされています。基本的な使用法、レメディの概要、自分自身だけでなく、自分の身の回りの人々や植物、動物に対して、実際にどのように使うのか、レスキューレメディ、レスキュークリームの概要など、レメディに関する基本的な事柄を学んでいきます。
実習では、トリートメントボトルの作成がありますよ。
また、バッチ博士の哲学についてもしっかりと勉強します。

レベル1を修了した後、レベル2へと進むことができます。
レベル2ではレメディについての知識をさらに深め、日常生活の中でどんどん活用できるようになりますよ。
申し込みは、レベル1の申し込みと同時にすることもできます。
興味がある人は是非チャレンジしてみましょう。

フラワーレメディ プラクティショナー

プラクティショナーとは

私達の心と体の健康を取り戻すために、薬ではなく自然の力で治してくれる「バッチフラワーレメディ」。最近日本でも話題になっている自然療法です。

レメディには、レスキューレメディも含めて39もの種類があり、私達の様々な感情に対して、的確に対応することができるようになっています。
ですが、レメディを使ってみたいけれどどれが今の自分に一番適しているのか、よく分からない、という人も多いのではないでしょうか。
そんな時は、「プラクティショナー」にお願いしてみましょう。

プラクティショナーとは、機械や道具などは使わずに、クライアントと話をすることによってクライアント自身が適切なレメディを使うことができるよう、手助けしてくれる人のことです。
プラクティショナーには「実践家」という意味があり、カウンセラーとは異なります。
クライアントの感情を深く掘り下げたりすることはありません。
あくまでも、レメディを選択する時のサポーターとして働いてくれます。

プラクティショナーになるには、イギリスのバッチセンター内にあるDr.E.Bach財団に国際登録をする必要があります。
登録するためには、必要な過程を修了することが必要ですが、教育コースにはレベル1から3まであり、全コースを修了した後、Dr.E.Bach財団に国際登録の申請をします。
そこで「バッチ博士の哲学に基づいて活動を行うこと」を改めて確認され、初めて公認プラクティショナーとして認められることになります。
全世界およそ40カ国以上の国で、公認プラクティショナーが活躍していますよ。

日本では、バッチホリスティック研究会のみ試験開催を認められており、東京を始め、全国で教育コースが開催されています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。