フラワーレメディ
◆メガネレンズがとにかく安い! 

フラワーレメディ ペット

ペットにフラワーレメディを与えてみよう(2)

フラワーレメディは、小さな子供や赤ちゃん、病気療養中の人や老人まで、あらゆる人に安心して使うことができる自然のエッセンスです。
様々な体の不調に対して効果的なものですが、人だけでなく、動物に対しても使うことができます。

最近ペットがよく吠える、噛み癖がある、何となく元気ない、などと可愛いペットに対する心配事は様々ですよね。
毎日のペットの様子によって、その状況に適したレメディを選びましょう。

「インパチェンス」・・・イライラしている様子で鳴きやまない時
「ゲンチアナ」・・・主人に叱られた時など、何かはっきりした理由があってシュンとして元気がない時
「ミムラス」・・・怖がり屋で、特定の事柄や人物などを怖がる時
「マスタード」・・・特に理由がないのに元気がなく、食欲も落ちて表情も暗い時
「ハニーサックル」・・・引越しなどをして家が変わってから、元気がない、前の家を懐かしんで思い出にひたっている時など
「チェストナットバッド」・・・しつけてもなかなか覚えない、同じ失敗を繰り返してしまう
「セントーリー」・・・おとなしく優しい性格で、自分の意思を主張できない。周りに支配されやすい場合。

フラワーレメディは薬ではないので、病気の症状に対して早急に対応することはできません。心配な症状がある場合は、必ず獣医の診断を受けるようにしてくださいね。

ペットの状態は、飼い主と良い関係が保たれているかによって、大きく変わってきます。飼い主の精神バランスが悪いと、ペットの精神状態も不安定になってしまいます。
飼い主本人も必要に応じてレメディを服用すれば、ペットも含めた家族全体のバランスが良くなり、安定した生活が送れる様になりますね。
是非試してみてくださいね。

フラワーレメディ ペット

ペットにフラワーレメディを与えてみよう(1)

私達の心と体の健康を取り戻してくれる「フラワーレメディ」。
日本でも愛用している人が多く、薬を使わない自然療法として最近密かにブームになっています。
フラワーレメディは100%自然素材を使っているので、療養中の人や老人、赤ちゃんにまで安心して使うことができます。可愛いペットにも同様に使うことができますよ。

お家で飼っている犬や猫が、何だかイライラしている、元気がないなあ、と感じることはありませんか?
人の心に働きかけるフラワーレメディは、動物の心にも同じように働きかけてくれます。可愛いペットの状態によって、その時に適したレメディを選んで与えてあげましょう。

ペットに与える時はどうすれば良いのでしょう。
レメディは食べ物などに混ぜても効果は変わらないので、毎日飲んでいるお水や食べ物に入れて服用させる方法が一番簡単ではないでしょうか。
水やえさを替える時に、それぞれのレメディを2滴ずつ、レスキューレメディの場合は4滴入れてください。

食事の時間以外に服用させたい時、例えばお留守番の前や、静かに落ち着いてほしい時は、自分の手にレメディをとってなめさせるか、直接スポイトで口の中に垂らしてやりましょう。
スポイトがペットの口に触れてしまったら、しっかり洗浄、消毒してから瓶の中に戻してくださいね。

ペットが興奮していたり、落ち着きがなかったりして直接与えられない時は、スプレーボトルで吹きかけてやっても効果的ですよ。

ペットの意識がなかったり、ぐったりしていて服用させるのが困難だったりする場合は、ペットの口やその周辺、耳や肉球などに塗ってあげてくださいね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。