フラワーレメディ
◆メガネレンズがとにかく安い! 

フラワーレメディ 全般

アロマテラピーとフラワーレメディ

バッチ博士が開発した「バッチフラワーレメディ」は、心の乱れや否定的な感情に対して働きかけ、感情や精神のバランスを取り戻す自然療法です。
イギリスでは、ドラッグストアや空港などに日常的に置かれていて、人々の生活に密着したものになっていますが、日本ではまだそれほど馴染み深いものではないですよね。
アロマテラピーと混同している人も多いのではないでしょうか。

フラワーレメディとアロマテラピーはどちらも原料は植物です。
ですが作りかたは全く違います。
アロマテラピーに使われるアロマオイルは、植物が持っている有効成分を抽出して作られます。その有効成分を嗅覚から吸収して、脳や皮膚に行き渡らせ、体に変化を与えていくのですよね。
バッチフラワーレメディは、花のエネルギーを取り出して、そのエネルギーを直接体に取り入れることになります。
医学的には説明するのが困難ですが、フラワーレメディは心に働きかけて、心と体のバランスを整え、免疫力を高めることによって体の中から健康にさせるものです。

アロマオイルにも良く使われている「ワイルドローズ」を例にとってみましょう。
ワイルドローズとは西洋野ばらのことですが、アロマオイルではお馴染みのローズヒップとしてよく使われていますね。
ローズヒップを使ったアロマオイルは、新陳代謝を活発にし、組織の損傷を回復して保護するといった効果が期待できます。
お茶にすれば、ビタミンCが豊富な美容に良いものとなります。

一方、ワイルドローズのレメディの場合、無力感やあきらめを感じている人に対して、人生は楽しいと感じることができるようにさせてくれます。
物理的な効果ではなく、目には感じにくいですが、精神面や感情に強く作用するのが、フラワーレメディなのです。

フラワーレメディ 全般

自分でフラワーレメディを選んでみよう

バッチフラワーレメディには、多くの種類があり、どれを選んだら良いのか分からないですよね。
レメディのスペシャリストである「プラクティショナー」にお願いするという方法もありますが、自分でレメデイを選びたいという人は、まずは自分のことを知ることから始めましょう。

紙と鉛筆を用意し、下の事柄を書いてみましょう。
・自分の性格はどんなものか
・人から言われる自分の性格はどんなものか
・自分の小さい時は、どんな性格だったか
・ストレスを受けた時、どのように対応するか

紙に書いてみなくても、頭で分かっている事柄ばかりだと思いますが、実際に書いてみると冷静に整理することができますよ。

自分の性格を整理できたら、自分が今、対処したいと願っている感情を思い浮かべます。否定的な感情や、自分では対応できなくて困っている感情、嫌悪を感じている感情など、色々な感情があると思いますが、自分の中で強いと感じるものから、順番に思い浮かべてみてください。

対処したい感情が分かったら、いよいよレメディを選んでみましょう。
自分に合っていないレメディを選んでしまったらどうしよう、なんて不安に思わないでくださいね。
レメディは薬ではないので、間違えて選んでしまっても体には悪影響はありません。
感情に変化が起こらないだけですので、あまり神経質にはならずに気楽に選んでみましょう。

バッチ博士は、否定的な心の状態に合わせて、フラワーレメディを7つのカテゴリーに分類しています。
レメディを選ぶ時には、この分類表を是非参考にしてみましょう。

フラワーレメディ 全般

フラワーレメディの効果の表れ方

最近日本でも話題になっている「バッチフラワーレメディ」。
心と体のバランスを整え、免疫力を高めて、体の中から健康になれる自然療法です。

バッチフラワーレメディの効果は実際にはどのように表れるのでしょう。
レメディは薬ではないので、急激な変化が訪れるというものではありません。
穏やかに変化していく場合が多いものです。
すぐに治したい!と焦らずに、ゆっくりと時間をかけて改善するつもりで使っていきましょう。

実際に改善していく例をあげてみますね。
・そういえば、問題であったことに対して囚われなくなっていた
・あまり気にしなくなった
・季節を感じ、自然に対して目をむけることができるようになった
・他のものに目が向けられるようになった
・今までとは違う考え方をしていた、違う見方をするようになっていた

個人差はありますが、自然に変化が起こってくるため気がつけば治っていた、という場合が多いようです。
また、自分では気づかなくても、周囲の人がその変化に気づくこともあるようですよ。

バッチフラワーレメディは、まず表面の感情を癒していくと言われています。
その後、下に隠れていた感情が表に表れ、またその感情をレメディで癒していく、といった効果の蓄積の結果、だんだんと本来の自分を取り戻していくそうです。

緊急を要する時以外は、薬ではなく、まずはレメディを使ってみましょう。
自然の力で、ゆっくり治していくことができるなんて、理想の治療法ではないですか?
レメディは、6〜7種類合わせて使うことができます。
自分に合ったレメディを選んでみてくださいね。

フラワーレメディ 全般

フラワーレメディの作り方

バッチ博士による「バッチフラワーレメディ」に使われるフラワーエッセンスは、英国バッチセンターで厳密な品質管理のもとに作られていますが、実際にはどのような方法で作られているのでしょう。

バッチフラワーエッセンスは、太陽、水、風、大地の自然のエネルギーから作られています。
花は、イギリスの砂丘や低湿地帯に自生する野生の花が使われています。
雲1つないほど良く晴れた日の早朝に花を摘み取ります。花のエネルギーが最も発揮される時なのですよ。
摘み取る時には同じ植物の葉や枝を使い、直接手が降れないように厳重に注意して摘まれています。

エッセンスを作る方法には2種類あり、太陽法と煮沸法があります。
38種類あるエッセンスのうち、20種類は太陽法、18種類は煮沸法で作られています。

太陽法・・・クリスタルボールに湧き水を入れて、摘み取った花をその場で入れていきます。ボールの表面がお花で覆われるほど、たっぷりの花を使います。
その後、午前9時〜12時頃まで太陽の光にあてて、エッセンスを抽出します。
花の色が薄れて、ボールの中に気泡が沢山たまってきたら、花を取り除いてろ過します。
煮沸法・・・花が良く咲き誇っている小枝を1時間半ほど煮沸させた湧き水で煮ます。
お湯が冷めてから、花を取り除き、ろ過します。

この方法は、1936年にバッチ博士が完成させて以来、一度も変わることなく現在まで受け継がれていますよ。

こうして作られたエッセンスに、保存のためにブランデーなど天然の保存剤を入れます。日本で販売されるものに関しては、国税局からの指導によって少量の自然塩が加えられています。

フラワーレメディ 全般

フラワーレメディができるまで

薬を使わずに心と体のバランスを整えて、免疫力を高める自然療法である「バッチフラワーレメディ」。
開発したバッチ氏は、かつてワクチンの開発をして大きな成果をあげていた医師でした。
31歳の時、命にかかわる病気になり、余命3ヶ月と宣告されます。
しかし、バッチ氏は医学への熱意は捨てず、残された3ヶ月間、研究に没頭します。
自分の体が病気であることも忘れて研究を続けるうちに、逆に体が強まっていくのを感じ、3ヶ月後、バッチ氏は病気をすっかり克服していました。
この貴重な経験から、薬ではなく、気持ちの持ち方で困難は克服することができる、と改めて気づくことになります。

32歳の時、「毒をもって毒を制す」という治療法である「ホメオパシー」に出会い、感銘を受けてホメオパシー医学に転身します。
病気の原因は、病原菌ではなく患者さんの心の中にある、考えるようになりますが、次第にホメオパシーは自分が考える治療法としては不充分であると感じるようになります。
以前から興味のあった野生の植物のエネルギーこそ、人間が自然に健康状態を回復していく手助けをしてくれるのではないか、と確信を持つようになります。

41歳の時、最初に作られたレメディ、インパチェンス、ミムラス、クレマチスを発見します。その後バッチ氏は、ロンドンでの地位や名誉を全て捨て、レメディ開発のためにウェルズに旅立ちます。

そして、太陽の光を十分に浴びた植物の露に花の力が凝縮されていることを発見し、最も効果的な方法として、清流の水の張ったガラスボールの中に花を浮かべて、数時間太陽の光にあてる方法、サンメソッド法を考え出したのです。

現在のフラワーレメディは、博士の人々を救いたい、という想いと、自然界への熱い想いがあったからこそ、出来上がったものなのですね。
博士の願いがこめられたフラワーレメディ、是非、実感してみてください。

フラワーレメディ 全般

エドワード・バッチ博士とは

バッチフラワーレメディは、英国の医師であるエドワード・バッチ博士によって開発された、心と体のバランスを取り戻すための自然療法です。
バッチ博士が作り出したレメディは、70年以上もの間、世界中で活用されていて、現在では60ヶ国以上の国々で医師や獣医の間で使用されています。

エドワード・バッチ博士とは、どのような人物だったのでしょう。

バッチ氏は、子供の頃は体が弱く、病気がちだったようです。
ですがバイタリティーあふれ、いたずら好きな面も持ち合わせて、直感力に優れた少年でした。

バッチ氏が医学に目覚めたのは、16歳の少年時代です。
学校を卒業した後、医学の道に進むことを考えましたが、バッチ氏の家は経済的に余裕がなく、自分で学費を稼ぐために、父親が経営する鋳物工場で3年間働きました。
この3年間の間にも、バッチ氏は少年時代から変わることのない自然界への興味を持ち続け、昼間は自然の中での散歩、夜に働くという生活を送っていました。
また、失業や医療費の負担を恐れて、病気になっても休まずに働き続ける工場の人達の現実を見て、医者になってこのような人達を救いたい、と強く思うようになります。

20歳になったバッチ氏は、バーミンガム大学に入学して医学を学び始めます。
その後、大学からロンドンに移り、病院の研究生となって外科医、内科医、医学士、理学士の学位と開業医の免許を取得し、28歳の時にロンドンに診療所を設けます。
診療所で多くの患者を診るうちに、同じ治療薬が同じ病気に常に効くとは限らず、効き方にも個人差があることに注目するようになりました。
同じような性格の人には同じ薬が効き、違う性格の人では同じ薬では効果がない場合もあることを知ります。

その一方で、ユニバーシティカレッジ病院の細菌学者となったバッチ氏は、免疫学を学び、ワクチンの開発をして予想を超える成果をあげて活躍します。

薬を使わないフラワーレメディを開発したバッチ氏にも、このような薬の開発をしていた時代があったのですね。

フラワーレメディ 全般

バッチフラワーレメディとは

「バッチフラワーレメディ」を知っていますか?

最近日本でも密かにブームを呼んでいるバッチフラワーレメディとは、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法です。

免疫学を学んでいたバッチ氏は、もともとワクチンの開発などで活躍していました。
ですが、ワクチンや投薬の接種などの表面的な治療で病気を治すことに疑問を感じるようになり、私達の体が本来もっている免疫力を引き出すことが大切だと考えるようになります。そして私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことが、本来の治療であるという結論に達し、そのためにバッチ氏が作り出したのが、「バッチフラワーレメディ」です。

「レメディ」という言葉には、直訳すると治療薬といった意味がありますが、他にも「救済策」「解決方法」といった意味があります。英国人の感覚ではこちらの方が強く、「元に戻す」というニュアンスで多く使われているそうですよ。

日本では、まだ馴染み深くありませんが、バッチフラワーレメディは、全世界60ヶ国以上の国々で医師や獣医などの間で広く使われていて、イギリスではドラッグストアや空港などに日常的に置かれており、イギリス人の生活にしっかりと密着したものになっています。

薬の力ではなく、野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すバッチフラワーレメディは、日本でもこれから広く浸透していきそうですよね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。