フラワーレメディ
◆メガネレンズがとにかく安い! 

フラワーレメディ ペット

ペットにフラワーレメディを与えてみよう(1)

私達の心と体の健康を取り戻してくれる「フラワーレメディ」。
日本でも愛用している人が多く、薬を使わない自然療法として最近密かにブームになっています。
フラワーレメディは100%自然素材を使っているので、療養中の人や老人、赤ちゃんにまで安心して使うことができます。可愛いペットにも同様に使うことができますよ。

お家で飼っている犬や猫が、何だかイライラしている、元気がないなあ、と感じることはありませんか?
人の心に働きかけるフラワーレメディは、動物の心にも同じように働きかけてくれます。可愛いペットの状態によって、その時に適したレメディを選んで与えてあげましょう。

ペットに与える時はどうすれば良いのでしょう。
レメディは食べ物などに混ぜても効果は変わらないので、毎日飲んでいるお水や食べ物に入れて服用させる方法が一番簡単ではないでしょうか。
水やえさを替える時に、それぞれのレメディを2滴ずつ、レスキューレメディの場合は4滴入れてください。

食事の時間以外に服用させたい時、例えばお留守番の前や、静かに落ち着いてほしい時は、自分の手にレメディをとってなめさせるか、直接スポイトで口の中に垂らしてやりましょう。
スポイトがペットの口に触れてしまったら、しっかり洗浄、消毒してから瓶の中に戻してくださいね。

ペットが興奮していたり、落ち着きがなかったりして直接与えられない時は、スプレーボトルで吹きかけてやっても効果的ですよ。

ペットの意識がなかったり、ぐったりしていて服用させるのが困難だったりする場合は、ペットの口やその周辺、耳や肉球などに塗ってあげてくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。