フラワーレメディ
◆メガネレンズがとにかく安い! 

フラワーレメディ プラクティショナー

プラクティショナーになるには(3)

薬を使わずに、自然の力だけで心と体の健康を取り戻す自然療法である「フラワーレメディ」。
いくつかのレメディの中から、好きなレメディを選択して、手軽に服用することができますが、レメディにはいくつもの種類があり、的確なレメディを選択するのはなかなか難しいものです。

「プラクティショナー」は、レメディのことを熟知し、その人、その状況に合ったレメディを選択する時のサポートをする人ですが、日本でもこの資格を取得する人の数は増えてきていますよ。

資格を取得するには、国際教育プログラムのレベル1〜3までを修了する必要があります。
レベル3は、レベル1と2を修了した人のみ受講することができ、アドバイザーとしての能力を高めるためのコースです。

レベル2を修了した後、4ヶ月以上経過した後に受講することができますが、修了するまでには約1年半〜2年程度かかります。
内容は、レベル1と2よりも実践的な内容となっていて、積極的な参加意識と知識が必要になりますよ。
パート1〜3までに分かれており、パート1は、東京で4日間セミナーを受けることになります。
講義や実習、ディスカッションをする内容で、4日目には筆記試験があり、合格点に満たない場合は追加試験を受けることになっています。

パート2は、自宅で課題を行うことになります。
3ヶ月間で提出しますが、課題された内容が不充分だと判断された場合、追加課題の提出が求められます。

パート3では、実際に他の人に対してカウンセリングを行い、そのケーススタディをまとめたものと、決められたテーマについてまとめたものの小論文を提出します。
ケーススタディは2007年から4例必要とされ、カウンセリング対象者は自分で探すことになります。

レベル3まで修了するには豊富な知識と実践力が必要になり、また、時間とお金も要するのでなかなか大変なことですが、卒業後はバッチ財団公認プラクティショナーとして国際登録することができ、直接クライアントから連絡を受けて実務規約に則ってカウンセリングすることができます。

自分の健康だけでなく、人の健康のためにも活動できるプラクティショナーは、とても魅力的なお仕事ですよね。
時間と手間をかけても、受講する価値はあると思いますよ。
是非チャレンジしてみてくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95273344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。